カマグラゴールド購入

カマグラゴールド購入方法

 

カマグラゴールドは、インドの「アジャンタ・ファーマ社」が製造する、バイアグラのジェネリック医薬品です。

 

バイアグラの成分と同じクエン酸シルデナフィルを100mg配合しています。

 

日本で発売されているバイアグラジェネリックは、配合量が25mgと50mgだけですが、カマグラゴールドは100mg錠があるので、ピルカッターで半分にすると、さらにコストパフォーマンスが高くなります。

 

カマグラゴールドは、実際の値段もバイアグラの約2分の1以下の価格で購入することが出来ます。

 

 

数あるバイアグラジェネリックの中で、カマグラゴールドは最も使用されている、定評あるジェネリックED治療薬なんです。

 

購入方法はインターネット通販で「個人輸入代行業者」から購入するのですが、近年粗悪な「ニセモノ」が多数流通していますので、信頼のおける業者の選択が重要です。

 

当サイトではカマグラに関する詳しい情報をお届けでしてます。

 

バイアグラのジェネリック・カマグラゴールドをもっと詳しく知りたい方は、次からのページで詳しく説明しています

 

カマグラゴールドジェネリック

 

ジェネリックというのは、英語で「一般的な」という意味で、欧米では薬を処方する時に、ブランド名ではなく一般名(generic name/ジェネリックネーム)が使われることが多く、「ジェネリック医薬品」(generics)と呼ばれています。

 

それが世界共通の名前となって、日本でも「ジェネリック医薬品」という名前が広まったんです。

 

新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売される医薬品なので、「後発医薬品」とも言われています。

 

ジェネリックと言うと、オリジナルのバイアグラより効果が低いんじゃないかと心配する方がいるかもしれませんが、成分のシルデナフィルが同じなので効能は全く同じなんですね。

 

むしろ、カマグラゴールドはシルデナフィル100mg配合なので、半分にして飲まなければならない程効果は高いんです。

 

ジェネリックはインドの製薬会社で製造されることが多いんですが、インドは国内のみならずアフリカなどの貧しい国々に医薬品を輸出しており、インドの国内法でジェネリックの製造が保護、推奨されているんです。

 

欧米の国の中にはこの事をあまりよく思わない国もあるようですが、薬価が上がってしまうと国の医療制度が崩壊してしまう恐れがある国が多いので、あまり強くは出られないのが現実です。

 

 

ただ、劣悪な環境で「ニセモノ」の薬を作っている悪質な業者も多く存在しています。

 

ある調査によると、インターネット上で出回っているed治療薬の半数以上が「ニセモノ」だったという報告もあるくらいです。

 

極端に安い価格を提示している業者はまず「ニセモノ」を扱っていると思って間違いありません。

 

NTTのタウンページに掲載されていない業者なども要注意です。

 

ちゃんとした業者を選んで、ジェネリックを上手に利用したいですね。

 

カマグラゴールド効果

 

カマグラゴールドはいわゆる「精力剤」ではありません。

 

カマグラゴールドには性欲を上げる効果はなく、あくまでも視覚的又は感覚的に性的な刺激があった時にのみ反応しますので、カマグラゴールドを飲んでも何も性的刺激がないと勃起には至らない事があります。

 

カマグラゴールドが、勃起をさせる仕組みは、海綿体に血液を送るのを阻害しているPDE-5酵素の働きを抑制して、海綿体に十分な血液を送る事で勃起をさせる仕組みです。

 

血液の流れがよくなることによって、カマグラゴールドの副作用と言われている「顔のほてり」や「動悸」などを感じるようになるんです。

 

また、ニトログリセリンなどの硝酸薬(飲み薬・舌下錠・貼り薬・注射・吸入剤など)や抗不整脈薬(塩酸アミオダロン)を使っている方は、絶対カマグラゴールドを飲んではいけません。

 

血圧が危険なレベルまで下がり、死に至ることがあります。

 

カマグラゴールドの服用の仕方ですが、食事の影響を受けるので、性行為の1時間前の空腹時に服用して下さい。

 

早い方だと、30分程で効果が現れ、4時間から5時間効果が持続します。

 

カマグラゴールドは、パートナーとの関係をより親密にする効果もあるすばらしいお薬なんです。

 

ed治療薬のジェネリックにはバイアグラジェネリックの他にも、「レビトラジェネリック」「シアリスジェネリック」などもありますので、自分のスタイルに合ったものを選んでください。

 

カマグラゴールド国産ジェネリック

 

いよいよ厚生労働省の認可を得て、国産の「バイアグラジェネリック」が発売されました。

 

「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったんです。

 

ただ、解禁されたからと言って人間の身体に少なからず影響を与える「医薬品」ですから、すぐに発売できる訳ではありません。

 

各製薬会社も、「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんです。

 

国産バイアグラジェネリックの第一号は国内大手後発品メーカー「東和薬品株式会社」から、OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類のバイアグラジェネリックの発売を開始しました。

 

「東和薬品株式会社」は、1錠1200円の価格で「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で2014年5月19日に発売を開始ししました

 

 

東和薬品と言えば、テレビで黒柳徹子さんがジェネリックの宣伝をしているので、見た事がある人も沢山いると思います。

 

その後も、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」から発売、8月20日には「武田薬品株式会社」が発売予定。今後、2014年10月頃には国内で6〜8種類のバイアグラジェネリックが登場することになりそうです。

 

ちなみに、発売開始日 2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と少し低価格になっています。

 

「カマグラゴールド」などに比べると割高な感じもしますが、選択肢が増えることは良いことですよね。

 

先発薬の特許が切れると、ジェネリック薬が「ゾロゾロ」発売されることから、医療関係者からはジェネリック薬の事を「ゾロ」などと呼んでいたこともあったそうです。

 

 

カマグラゴールド

 

カマグラゴールド飲み方

 

カマグラゴールドに限らず、ED治療薬を飲んでも効かないと言う人の80%が「空腹時に飲む」という基本原則を守っていない事が原因でなんす。

 

バイアグラジェネリックであるカマグラゴールドの場合は特に、胃の中に食物が入っていると成分であるクエン酸シルデナフィルの吸収が悪くなり効果が落ちてしまいます。

 

食事をしてから胃の中の食物が完全に消化されるためには、最低でも2時間は必要であると言われています。

 

 

なので、カマグラゴールドを飲むタイミングとすれば、間食を全く取らなかったとして12時頃昼食を摂ったとすると、午後2時以降という事になります。

 

一番やってはいけない事は、食事をしてからカマグラゴールドを飲むことです。

 

胃の中にたっぷり食物が入っている状態でカマグラゴールドを飲んでも、クエン酸シルデナフィルは吸収されず、効果は表れなくなってしまいます。

 

「バイアグラやバイアグラジェネリックは食事の影響を受ける」と言う意味は「食事をした後すぐ飲んではいけませんよ」という事なんですね。

 

この事を抑えておけば、飲み方はそんなに難しいことはありません。

 

とにかく、食事をしてから2時間以上(長ければ長いほど胃の内容物は少なくなります)経過した「空腹時」に服用する事です。

 

「早く酔いたかったら、すきっ腹で飲めば良い」とよく言われていますが、胃の中に何もない状態でお酒を飲むと、アルコールが胃の毛細血管に吸収されやすいので、酔いが早く回るという理屈なんです。

 

カマグラゴールドの飲み方もこの理屈と同じなので、空腹時に服用して素早く血液中にクエン酸シルデナフィルを吸収させる事なんです。

 

ただ、カマグラゴールドの効果がもっとも現れるのは、服用してから1時間経過した頃なので、やはり服用した後に食事はしない方が無難でしょう。

 

どうしても空腹だとセックスに集中出来ない人は、空腹時に服用したカマグラゴールドが完全に吸収されると言われる30分を経過した後に食事をする事です。

 

その場合は、効果が最も発揮できる時間を想定しながらの食事を心がけて下さい。

 

カマグラゴールド・バイアグラ

 

カマグラゴールドは言わずと知れた「バイアグラ」のジェネリック薬です。

 

「バイアグラ」は、世界のベストセラーED治療薬としてネームバリューは抜群ですよね。

 

バイアグラの原料である「シルデナフィル」は、もともと狭心症の治療薬として研究開発が始められたんです。

 

狭心症に対する治療効果はそれほどでもなく、研究の中止さえも検討されていたと言います。

 

ところが、なぜか被験者の一部に、渡してあった試験薬の返却を拒んだ人がいたため、理由を正したところペニスの勃起を促す効果があると言う報告がなされたんです。

 

このことから、製薬会社の「ファイザー」は研究の内容をED治療薬の開発に変更し、バイアグラが誕生したんです。

 

バイアグラの歴史はまだ新しく、1998年にアメリカで販売を開始し、日本では当時の厚生省が1999年1月25日に製造承認し、3月23日よりファイザーから医療機関向けに販売されました。

 

発売直後からバイアグラは、マスコミやインターネットなどで「夢の薬」とか「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになったんです。

 

ところが、ニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用している人がバイアグラを個人輸入で入手しセックスを行った直後に心停止に陥り死亡する事例が数件発生したんです。

 

そのため厚生省は、安全性の面から医師の診断・処方箋が必要となる医療用医薬品として正規販売する方針を決定し、国内での臨床試験を実施せず米国の承認データを用いるスピード審査を敢行して早期の販売を実現させたんです。

 

世界のベストセラーED治療薬バイアグラのジェネリック・カマグラゴールドの詳細はこちらをご覧ください

 

カマグラゴールド・インド

 

カマグラゴールドは、インドのアジャンタファーマ社で作られているバイアグラのジェネリック薬です。

 

ジェネリック薬に関して、インドは金額、数量ともに高いシェアを占めています。

 

インド国内の医薬品製造に係わる企業数は、2万社以上と言われています。

 

その大多数は小規模な会社が多く、全体の70%を上位250社が占めていると言われています。

 

特にジェネリック薬に関しては、世界的に需要が増える傾向にある為、インドの医薬品産業はさらなる成長の可能性か指摘されています。

 

さらに、インド製のジェネリック薬の最大のメリットは、価格の低さにあります。

 

その要因としては、第1に人件費などの生産コストの低さが挙げられます。

 

欧米先進国に比べると、約55%程度のコストで生産できると言われています。

 

価格が低くても決して品質が劣っている訳ではありません。

 

その事が世界中から認められている理由でもあります。

 

インド国内の製薬会社は優良企業という事もあり、化学を学ぶ優秀な学生が沢山いるという事もインドの強みの一つになっています。

 

もう一つ忘れてはならないのが、インドの特殊な特許制度である「1970 年特許法」と呼ばれる法律です。

 

通常新薬(先発薬)には「物質特許」と「製法特許」があり、「物質特許」は20年から30年と定められていますが、インドではこの「物質特許」は採用せず「製法特許」だけが特許法で採用されたんですね。

 

つまり、製造方法さえ異なれば、新薬と同じ成分のジェネリック薬をすぐにでも製造できたんです。

 

そのため、予算が限られている「国境なき医師団」の使う医薬品の80%以上はインド製のジェネリック薬と言われています。

 

また、アフリカの発展途上国では、エイズ(HIV)の治療薬のほとんどをインド製のジェネリック薬に頼っています。

 

このように、インド製のジェネリック薬は、貧しい国の医療に大きく貢献しています。