カマグラゴールド副作用

カマグラゴールド副作用

カマグラゴールド副作用

 

カマグラゴールドの副作用はバイアグラと同じで、「顔のほてり」「鼻詰まり」「動悸」「物が青く見える」などですが、重大な副作用は報告されていません。

 

長い歴史のあるバイアグラなので、ほかのED治療薬に比べて副作用に対する改良もなされているからでしょう。

最も気を付けなくてはいけない事は、ニトログリセリンなどの硝酸剤を使用している方はカマグラゴールドを服用してはいけないという事です。

 

狭心症や心筋梗塞の発作を抑えるために、ニトログリセリンを携帯している方もいらっしゃると思います。

 

硝酸剤には飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどもありますが、これらの硝酸剤をカマグラゴールドと一緒に服用すると、急激な血圧の低下を起こし、最悪は死亡する危険があります。

 

 

硝酸剤は心臓の冠状動脈を拡張させて、心筋への血液の流れを良くする働きがあります。

 

同時に、全身の動脈も拡張させて血圧を下げ、心臓の負担を小さくする作用があります。

 

狭心症や心筋梗塞などの心疾患の治療に使われるのもそのためです。

 

このような働きを持つ硝酸剤とED治療薬を併用すると血圧が下がり過ぎて、命に関わることがあります。

 

また、循環器系疾患の治療に用いられる塩酸アミオダロン(アンカロン錠)も併用禁忌の薬です。

 

この薬はもともと、心室細動や心室頻脈、肥大型心筋症などに伴う不整脈を抑えるために使われるのですが、ED治療薬を併用すると、心電図異常として表れる脈拍の乱れを増す恐れがあります。

 

失神発作や命に関わることがありますので、塩酸アミオダロンを服用している方もカマグラゴールドとの併用は避けて下さい。

 

なお、これ以外の薬を飲んでいる方も医師または薬剤師と相談して、カマグラゴールドとの併用が可能かどうか判断してください。

 

カマグラゴールドの副作用の仕組みと対処方法

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックで、血管拡張作用を利用してEDの症状を改善します。

 

血管の拡張作用は顔の火照りや頭痛などの症状が出てきます。

 

どのお薬でも必ず相性の悪い人がいますので、そのような場合には他の治療薬に変更をしましょう。

 

片頭痛を持っている方ですと、その症状の1つに「光がまぶしく見える」などがあります。

 

この症状は、目の視神経の近くの血管が膨張することで神経を刺激して、正常な反応が出来なくなる事が原因です。

 

ですが、この症状は一時的な事で、しばらくしますと体そのが見え方に慣れてきますので、あまり気になくなります。

 

頭痛に関しては、強く症状が出るケースでは、頭痛薬を併用する方法もありますので、どうしてもカマグラを使用したい方はそのような対応方法を使用しましょう。

 

その他の症状として、血圧が下がる場合があります。

 

血行が良くなりますので、血圧が低くなってきます。高血圧の治療を受けている方がカマグラを使用しますと、少しいつもよりも血圧が低くなりますので、体調がよくなるといういい副作用も出てきます。

カマグラゴールド
トップへ戻る