カマグラゴールド購入インド

 

カマグラゴールドはインド製のバイアグラジェネリックです。

 

バイアグラが製造されているインドは、世界の中でジェネリックの生産ではトップクラスのシェアを持っています。

 

国際的なコンサルティング会社デロイトの調査によると、インドの医薬品市場は今後、年率14.4%増で成長し、2016年には270億ドル(約2兆7672億円)に達すると予測されています。

 

インド国内では、約24,000の企業が存在しており、そのうち組織化されているのは約330社に過ぎず大手10社が市場の3分の1以上を占めているといわれています。

 

インドの医薬品産業の強みの一つは、生産コストの低さです。

 

欧米先進国に比べて約50%程度といわれています。

 

二つ目は、科学を学ぶ優秀な学生が沢山存在するという人材面の優位さです。

 

三つ目は、「1970年特許法」と呼ばれるインド独自の特許法があげられます。

 

「1970年特許法」とは、「製法特許」を採用した特許法なんです。

 

「製法特許」とは、製品を製造する過程で独自に考案した製造方法について取得する特許で、製造方法を開発した者の権利を守るためのものであり、製品の独自性を確保するものではない特許なので、製法特許だけの場合、最終的な製品形状が同じでも、特許侵害をしていることにはなりません。

 

なので、異なった製造方法で同じ効果の安い医薬品を製造することが出来たんです。

 

他の国が「物質特許」に縛られて、ジェネリック薬の製造が出来なかった時にも、インドだけがジェネリックの製造が可能だったんです。

 

その後、2005年3月に「1970年特許法」を改正し、他の国と同じ「物質特許」制度を採用して現在に至っています。

 
カマグラゴールド
トップへ戻る